TOP > バレンタイン コレクション 2021 > コラボレーション

ゴディバ×のん
コラボレーションについて

ゴディバは2021年のバレンタインデーに希望や想いをこめて「きらめく想い」と名付けた限定コレクションを発売いたします。誰かに会いたくても会えない、ただ、だからこそ大切な人を想う気持ちが誰の心の中にも大きくなっているのではないでしょうか。希望や大切な人への想いを持ち続ける事を応援し「世の中に一つでも多くの幸せな瞬間をチョコレートを通して届けたい」という、ゴディバの願いがこのコレクションには込められています。

そのメッセージの伝え手として、ゴディバは女優、モデルの枠を超え、アーティストや映画監督、SDGsアンバサダーとしても活躍の場を拡げているのんさんを起用しました。ゴディバのブランド名の由来であるLady Godivaもまた、困難に立ち向かう強い女性でした。のんさんの強さや未来に向かって進む勇気に希望を感じ、家族や親しい友人、大切な人に、深い愛を伝え、希望を拡げるバレンタインにしたいというゴディバの願いを彼女に託しました。のんさんがゴディバのバレンタインコレクション「きらめく想い」に着想を得たアート作品は、大切な人への想いを込めて制作され、コラボレーション企画として、アートがデザインされた限定ノベルティを抽選で対象商品の購入者限定でプレゼントいたします

ゴディバは愛の精神をチョコレートに込め続けています。その一粒で幸せを満たすチョコレートの芳醇な味わいは、人を想いやる深い愛を伝えます。昨今、家族や恋人、親しい友人とのつながりや愛情を再確認する機会が増えた方も多いのではないでしょうか。2021年の特別なバレンタイン。心温まるときめきのバレンタインシーズンをぜひゴディバと一緒にお過ごしください。

のんさんによる
オリジナルアート作品

2021年ゴディバのバレンタイン限定コレクション「きらめく想い」に着想を得て描かれたアーティスト「のん」の作品。
インタビューでは、「パッケージの形がハートなので、ハートを活かしたいと思い、(作品の)モチーフにしました。月や星の形のチョコレート、ベリーのチョコレート、スパイスの入ったチョコレート、様々なチョコが入っていて、箱を開けるとチョコレートの宇宙が広がっている。そういったイメージのときめくコレクションだったので、様々な色を混ぜて描きたいと思い、盛り込みました。」と
のんさんが「きらめく想い ハート」からインスピレーションを受けたお話をしてくださいました。

ゴディバ×のん コラボレーション企画
オリジナルアイテム プレゼント

ゴディバのバレンタイン限定チョコレート「きらめく想い ハート」をご購入いただくと抽選で100名様に、女優・創作あーちすと のんさんとのとのコラボレーションによる、オーガニックコットンのオリジナルTシャツをプレゼント。
もしくは参加賞としてキャンペーン限定のスマートフォン用の壁紙を差し上げます。

キャンペーンは終了いたしました。

のん【女優、創作あーちすと。】

1993年兵庫県生まれ。2016年公開の劇場アニメ「この世界の片隅に」で主人公・すずの声を演じ、第38回ヨコハマ映画祭「審査員特別賞」を受賞。
2017年に自ら代表を務める新レーベル『KAIWA(RE)CORD』を発足。2020年2月にはのん主催のフェス『NON KAIWA FES vol.2』を無観客で実施し、同年3月MTVにて「のんおうちフェス」として放送。5月よりオンラインライブ「のんおうちで観るライブ」を毎月開催。
2019年、映画製作ドキュメンタリーYouTube Originals『のんたれ(I AM NON)』と脚本・監督・編集・主演他を務めた「おちをつけなんせ」、劇場アニメ「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」、2020年にはヒロインを演じた映画「星屑の町」、「8日で死んだ怪獣の12日の物語」、主演を務める「私をくいとめて」が公開。
創作あーちすととしても活動を行い、2018年自身初の展覧会『‘のん’ひとり展‐女の子は牙をむく‐』を開催。
2020年ジャパンSDGsアクション推進協議会により、SDGs People第1号に選出。SDGs認知拡大のためにキャラクター制作などを行っている。