チョコレートやクッキー、アイスなど豊富なラインナップの(GODIVA)公式オンラインショップ

★送料キャンペーン7/6(水)朝まで★お中元・サマーギフトなど、ぜひこの機会に!午前10時までのご注文を当日発送 

店舗検索 新規会員登録 ログイン カート0
 
 
ゴディバについて コラム 商品カタログ ニュース&トピックス サマー オンラインショップ ショッピングガイド

GODIVA > ゴディバについて > ゴディバの歴史


ゴディバについて

ゴディバの歴史

ベルギー・ブリュッセルから始まりました。

1926年、ベルギー・ブリュッセルでマスターショコラティエだったドラップス氏。自宅の地下室を使い「ショコラトリー・ドラップス」としてチョコレートを作り始めます。家族全員が会社の運営に協力し、4人の子供たちはそれぞれ製造、仕上げ、箱詰め、配送に携わっていました。
1937年、創業者のドラップス氏が亡くなり、その何ヵ月後かにドラップス夫人も亡くなります。残された4人の子供たちは、自分たちの力で家業を守り続けます。ジョセフは顧客の心を理解する才能を持っていました。ピエールは絶えず新しいチョコレートを開発する創造力を持ち、フランソワは滑らかなマジパンとおいしいゼリーの作り方をマスター。イヴォンヌは包装紙やリボンなど、美しいパッケージを開発します。




世界中で愛されるプレミアムチョコレートブランドへ

1945年、「ショコラトリー・ドラップス」だった会社を「ゴディバ」とし、ブリュッセルのレオポルド2世通りに、「ゴディバ」第1号店をオープンしました。「ゴディバ」の名は、ジョセフと妻ガブリエルによって命名されました。
1948年、旗艦店をブリュッセル グランプラスにオープン。季節のテーマや折々の出来事に題材を得て、創造性に富んだ粒チョコレートを次々と発表し、さらに、美しいディスプレイやラッピングでウインドウを飾りました。「ゴディバ」の名は瞬く間にベルギー中に拡がり、同時に、チョコレートは高級で個性的なギフトとなったのです。
1958年、初の海外ショップをパリのサントノーレ通りにオープンしました。以来、ゴディバは世界各国で店舗を展開しています。
1972年にはニューヨークの五番街に、日本では同年に初のショップがオープンしました。
1999年には香港へ進出、現在ではヨーロッパ、北米、アジアからドバイやロシアにいたるまで、世界中で愛されるプレミアムチョコレートブランドへと成長しました。

世界中へチョコレートという幸せをとどけています。

ゴディバは、日本に、高級チョコレートの先駆けとして1972年に進出した後、現在では250以上の店舗を構えるまでに至っています。
現在、ゴディバのコレクションは世界で広く愛され続けています。

[Top of Page]