GODIVA Belgium 1926

【期間限定】2017年サマーコレクションが到着しました

チョコレート文化&歴史

チョコレートの歴史 A possible Mayan chief forbids a person to touch a can of chocolate

チョコレートは、中南米からヨーロッパへ運ばれ、私たちのよく知る「チョコレート」になりました。ここでは、チョコレートの歴史をご紹介します。

600 - カカオ豆が通貨のように扱われた頃

紀元前1000年頃にはメキシコの原住民はカカオ豆をすりつぶして食べていたとされています。マヤおよびアステカ文明の時代、カカオ豆は究極のステイタスシンボルとみなされていました。カカオ豆は通貨のように扱われ、カカオ豆を豊富に持つ金持ちは、それを使って「知恵とパワー」を与えるとされるチョコレートドリンクを作りました。

1502 - 木になるお金~ コロンブス、初めてチョコレートに出会う

コロンブスは、カカオ豆とチョコレートを発見した最初のヨーロッパ人です。征服者たちはカカオを「木になるお金」としてその価値を認識するようになります。スペインの歴史家ヴァルデスは、100粒のカカオ豆で一人の奴隷を買うことができたと書簡に記しています。

チョコレートの歴史 A possible Mayan chief forbids a person to touch a can of chocolate

1519 - 恋の媚薬、チョコレート

コルテスは、当時最も多くのカカオ豆を所有していたアステカ帝国の皇帝モンテスマが「チョコレート狂い」であるということに気づきました。記録によるとモンテスマは、この飲み物が恋の媚薬であると信じ、とりわけハーレムに入る前はチョコレートを調合したものを飲んだといわれています。

1528 - 甘みを加えること

コルテスはカカオ豆とチョコレートを作る道具を持ってスペインに帰りました。アステカ独特のトウガラシを効かせた味付けが美味しくないため、コショウを砂糖に代えてすぐにレシピを作り変えました。

1606 - 漏れ出したカカオ豆の秘密

スペインは1世紀以上もチョコレートの発見をなんとか秘密にしようとしました。その間に、スペイン人は赤道直下の植民地にココア農園をつくり、その新しい飲み物を広めました。ところが、とうとうイタリア商人アントニオ・カルレッティがこの秘密の製法をイタリアに伝えました。

チョコレートの歴史 A possible Mayan chief forbids a person to touch a can of chocolate

1657 - エリートが集まるチョコレートハウス~ ロンドンに出現

ロンドンに英国初のチョコレートハウスがオープンしました。それは上流階級の間で評判となり、たちまちエリートたちの会合の場所となりました。カカオ豆の価格は法外で、スペインの歴史家ヴァルデスは、このような場所に足繁く通えるのは「金持ちや貴族だけ」であると記しています。やがて価格も下がり、英国の至る所にチョコレートハウスができ、コーヒーやティールーム、パブに挑む勢いとなりました。

1671 - 偶然の産物~ プラリネの誕生

プラスリンという公爵のお抱え料理人が、熱くなった砂糖が鍋から溢れ出てボウルに入っていたアーモンドにかかったのをみつけました。味見をして公爵は大変喜び、嬉しさのあまりこの新しいお菓子に自分の名をつけました。「プラリネ」の誕生です。それがベルギーのチョコレート職人の手により手を加えられ、「プラリネ」は、モールドで型どったシェルにクリーム・キャラメル・ガナッシュ・プラリネなどを詰めたベルギーのお菓子と同義になりました。

チョコレートの歴史 A possible Mayan chief forbids a person to touch a can of chocolate

1674 - 最初の食べるチョコレート

ヨーロッパの至る所でまだチョコレートを飲んでいた頃、好奇心旺盛な英国のパン屋たちがケーキのレシピにココアを加えたことから、はじめてチョコレートが固形のものになりました。それから数十年以内に、固形のチョコレートはバータイプも含めてヨーロッパの至る所で様々なかたちで広まり、スタイリッシュな飲み物からすばらしい甘いお菓子へと変貌をとげたのです。

1815 - オランダ人の功績。~パウダーチョコレート

オランダ人の化学者ヴァン・ホーテン氏は試行錯誤の結果、1828年、脂肪分の低い新しいパウダーチョコレートを作りました。現在のココアです。ヴァン・ホーテンの特許といえる手法はパウダーチョコレートをアルカリ化して中和します。この「ダッチング」という手法によりチョコレートがお湯に溶けるように改良され、ダークなチョコレート色とマイルドな風味が実現できたのです。ヴァン・ホーテン氏はまた、扱いやすい粉末と固形の両方の状態でチョコレートの大量生産を可能にする水圧機を作りました。

1879 - スイスのダニエル・M.D.ピーター氏、ミルクチョコレートを作る

スイス人はチョコレートに粉ミルクを加えることを思い付き、チョコレート菓子はさらに滑らかでクリーミーなテクスチャーになりました。また、同じくスイスのロドルフ・リンツがコンチングマシン(滑らかに練りあげる機械)を作ったことによりチョコレートを様々なかたちに加工できるようになりました。

[ページトップへ]